FC2ブログ

いなかったはず


451 本当にあった怖い名無し 2009/10/26(月) 13:45:34 ID:khFtsqLW0
たいした話じゃないかもしれないけどこれ実話。

今から16~17年くらい前の話なんだけど、
当時、週末の夜とかになると知人の家に集まって、
みんなでゲームしたりとかして夜通しでよく遊んでました。

その日も週末になったので知人の家へ遊びに行くと、
もう他の知人達は来ていて、いつも通りゲームやったり喋ったりしながら過ごしてました。
その日は昼間仕事だったので、若干疲れていた自分は眠くなってしまい
知人達を横目に、座ったままうつらうつらとしてしまいました。

完全に眠ってしまったワケではなくて、うっすらと意識があったので、知人達の会話が聞こえてました。
暫くしてから目をさました自分は、うっすらと聞こえていた知人達の話題に加わろうと思い、
その話題を知人達に振ってみました。

すると知人達が??と不思議がるので、どうしたのと?と知人達にワケを聞いてみたところ
知人が・・「あれ?○○って、この話しをしてた時って、もう来てたっけ?」と言い出し、
別の知人も、居なかったはずと言い出しました。

自分としてはどうも腑に落ちなかったので、
半分眠っていた時に聞いていた話題を、事細かく知人達に話してみました。

するとそれを聞いた知人達がドン引き。
この話は絶対に○○が居なかった時にしてた話題だぞ?と口々に言い出しました。
「一人だけ時間を飛び越えたのか?」とか、終いには、「あり得ない。何この子?こわーいw」まで言われました(笑)

みんな狐につままれたような気分になりましたが、説明がつかないので、すぐに場は収まったのですが、
今考えてみても不思議な出来事でした。
関連記事
2018-02-06 12:15 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR