ダイオキシン

昔、ダイオキシンを含んだ農薬が農作物に使用されていて廃止になったことを知っている人はいると思いますが、その当時国家政策レベルで全国の農家にダイオキシンを含んだ農薬が配布され水田に大量に使用されていたそうです。
現在はその農薬は禁止されていますが、現在もその田畑で作物が栽培され農家や都市で皆さんの口に入っています。
…が、ダイオキシンの土中残留濃度は?大丈夫なのでしょうか?

よく、ニュースで「○○工場からの汚染物質が検出されました。周囲のダイオキシン濃度を測定したところ、○○小学校グラウンドで××pg、○○団地周辺で××pgこれは規定値を越えています云々…」
なぜか周囲の田畑の土壌での測定結果は含まれていません。

しかし、それは何故かというと…
現在でも田畑の土壌からは規定値の数百倍のダイオキシンが検出されるからだそうです。

なぜそれに気づいていて隠しているか?
実際考えてみてもらえば解ると思いますが、それを公表してもどうしようもないからです。
本当に洒落になってないんですが、世の中って意外といい加減なモンですね。
パニックになったら大変なので皆さんの心の中にだけ閉まって置いてください…
関連記事
2017-03-21 18:17 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR