見える人

私の友達に所謂見える人がいる
その友達と酒を飲む機会があり、今まで聞きたかった事を質問してみた。

まず、見えるってどんな風に見えるの? と聞くと
「大体その人の背後に見える」
「背後に黙って佇んでいる様なのは、その人の守護霊なので視界に収まればその人にも見えるかも知れない」
と言っていた。
「でも、大体視線の反対側に移る様なので見えないと思う」という事だった。
そういえば時々視界の端に何か見える事があるって言ったら「それが、背後霊だよ」といわれた。

じゃー、お前は目に入る人全部に霊が見えるのか?と聞いたら
「いや、他人の背後霊は波長が近ければ誰でも見える」とか言っていた。
そしたらお前は特別見える人でも何でもないじゃないか?とふってみたら
急にそわそわして「いや、俺はその他の物もみえるんだ」

「まず一つはその場所にじっと動かずに周りの人を睨んだり、触ろうとしている様な奴」
「んで、もう一つは…」
と言ったきり友人は周りに視線を泳がせて口を開かなくなった。
どうしたのかと思い先を聞きたい事もあり肩を叩いてみたら

ハッとした様な感じで話し出した。
「もう一つは、その人の死期が近づいてきて守護霊が離れ始まった奴」
「これは、今にも消えそうな感じでその人の上の方に浮かんでる」
「存在自体が薄くなっているので普通の人には見えないと思う」
「前に叔母さんが癌で無くなる1日前に見えたのが最初だった」という事を落ち着きなく話した。

聞きたい事を聞けて上機嫌になった私は友人に酒とツマミを振舞った。
友人はやはり落ち着き無く飲み食いしながら周りを見ている。
どうかしたのか、と聞いてみると
「いや、気を悪くしないで聞いて欲しいんだけど」
と前置きをした上でこんな話を言った。

「店に入った時からおかしいと思ってたんだけど、さっき急に波長が合ってみえちゃったんだ」
「この店にいる人の半分以上の人の守護霊が浮いている」
と言ったきり泣き出した。

それから店を出るまで他のお客さんに冷やかされたり支えてもらったりで大変だった
3/10南相馬市の居酒屋での話しです。
関連記事
2017-03-21 22:28 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR