社員寮

べつに信じてもらわなくてもいいんですが、結構心霊には縁があります。

私は長崎県S市に住んでいるのですが、うちの隣には某大企業の社員寮があります。
毎日学校に出かけるときは、なんとなくそれを見上げてしまいます。

ある日の夜、その寮の陰から焼け爛れた顔のおじさんやおばさんがこっちをにらみつけているのに気づきました。
その後も数回見てしまい、怖いので親にも話したのですが、笑われて終わりでした。
誰も信じてくれないのでそのうち私も、受験の真っ最中でいろいろ不安定な面もあるのだろうなどと思うようになりました。
そんなある日、その寮が火事を出し、2人の死者を出しました。
寮は取り壊され、崖も機械で崩されたのですが、崖の中からコンクリートで固められた防空壕が出てきたのです。

防空壕からは、頭巾をかぶった男女と思われる白骨が出てきました。
大空襲で亡くなったあと、なぜかそのまま塗り固められたのですね。
おじさん、おばさんはきっと出して欲しかったのでしょうね。
人を2人も道連れにしてまで、なにか言いたい事でもあったのでしょうか?

でも、成仏はしてないようです。今朝もまだ怖い顔でこっちを見ていたんで。
関連記事
2017-03-22 12:20 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR