赤い服の子


381 本当にあった怖い名無し 2009/09/14(月) 03:12:39 ID:sAAJNX7N0
小学4年生の夏、俺と K君と Mちゃん で俺の家の裏にある森で遊んでた。
K君は虫に詳しくて、せみとかトノサマバッタとかとって3人で遊んでたんだ。
暫くして日も暮れてきて、帰ろうと思ったら Hちゃん がいない
K君と二人で探してもいなくて、帰ったのかなと思い自転車を見に行った
でも、自転車はあった。どこにいったのかと森をみると
赤い服を着た女の子?が向こうに立ってた
K君があれじゃない? って指をさしたけど、俺は目がいいので絶対に違うって思った
それから二人でその赤い服の子のところに行ったら、気がついたらいなかった
そして反対側のさっきまで立っていた場所にMちゃんがいた
Mちゃんはずっと一緒にいた といってた
Mちゃんは何を見てたのか 赤い服の子は誰なのか

後から聞いた話
その森には昔は狐が沢山いたらしい
その森にはちゃんと一本道があるのに、よく人が迷う森だったらしい
私が子供のころも狐なんて見なかんだけどね
関連記事
2018-03-10 18:17 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR