吊り橋


116 本当にあった怖い名無し sage 2009/09/07(月) 16:08:18 ID:F+wkiL3U0
俺の住んでる県はオカルト的な場所が少ないんだけど、俺はそう言うの大好きだから県内のオカルトポイントは
ほぼ制覇してる。
これはそのうちの一つ、自殺の名所のつり橋での話。

昼間でも見える人は見えるってほど有名なポイントなんだけど、昼間はそのつり橋の真下で芋煮会(知ってる?)
とかバーベキューやってるような場所なので夜に行って来た。
その時の同行者は彼女(現妻・見える人)と俺(全く見えない人)、友達カップル×2(見えるかは不明)の6人。
つり橋の上を車で通って、何も見えなかったからそのまま車を路肩に止めて川原に降りる事になった。

流石に川原に降りると9月でも少し肌寒い。
彼女があまり拒否反応を示さないから、ヤバイ霊は居ないんだろうと安心して周囲を探検しまくってたんだけど
急に喫煙室のエアカーテンをくぐったような、飛行機のドアが開いたときのような、そんな空気の層を突っ切った
ような感覚があって、ちょっとふらついた。
隣を見ると彼女が腕にしがみついて硬直してる。
ちょっと離れた所に居る友達もみんな動きを止めてキョトンとしてた。

もう川原に降りてから20分~30分くらい経ってるし、ちょっとヤバイかも知れないと思い「そろそろ帰るべ」と促して
車に戻ってまたつり橋を渡って帰って来たんだけど、つり橋の上でまた空気の層を突っ切った感じがした。
山を降りたファミレスで青い顔をしている彼女に「大丈夫か?」と聞くと黙ってうなづいていたが、怖い話に飢えてる
皆で根掘り葉掘り聞くと、さっきのつり橋で何があったかを話してくれた。
曰く、しばらくは周りに数人の霊がジッとしているだけで何とも無かったんだけど、友達の一人がその霊にすっかり
重なってしまった途端、周り中の霊が一気に俺らの周りに密集してきたそうだ。

通勤電車並の密着度で数十の霊が俺らを取り囲んだ状態。
彼女はもう動けずに居たんだけど、霊に鈍感な俺らが「帰るべ」とかのんきな事言って逃げ出してくれたので助かったと。
橋の上まで車の周囲を囲んでくっついてきた霊も、橋の真ん中を越えたあたりで排水溝に吸い込まれる水みたいに
橋の下へ消えて行ったそうだ。
わりと大勢で楽しく話をしながら、死にたくなるようなネガった気持ちも持たずに居たから何も無かったけど、これが
1人で居たらやばかったかもって言ってた。
関連記事
2018-03-11 18:12 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR