臨時放送

五年くらい前日曜日の夜中の三時半頃テレビをつけた。
夜中でしかも日曜日だったのでどこもやってないと思ったが、案の定どこも放送しておらず「ピーッ」の音とともにカラーバーが流れていた。
「やっぱな、もう寝るか…」と思ったとき突然画面が変わり、どこかのゴミ処理場が映りました。
その処理場は何故か遠景で、ぼやけていました。
「なんだこれ?」と思い、しばらく見ていると突然画面上に『NNN臨時放送』というテロップがでて、暗い感じのクラシックが流れはじめました。
それと同時に何人もの人の名前がスタッフロールのようにせり上がっていき、それと同時にその名前をナレーター(?)のような人が抑揚のない声で一名ずつ読み上げていきました。
五分くらい読み上げたでしょうか。
最後の人の名前を読み上げたナレーターが、


「明日の犠牲者はこの方々です、それではみなさんおやすみなさい」

といいました。
それ以来私は深夜のテレビは怖くて見れません…
関連記事
2017-03-23 08:17 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR