洒落にならない話

数年前のことですが。
道でばったり中学生の頃同級生だったN君に偶然会いました。
N君とは当時、たいして親しくもなかったのですが(彼はヤンキー系だったこともあり)東京で同郷の人と出会えた偶然に嬉しくなり、携帯番号を交換しました。

数日後、彼から電話がはいり、「合コンするのだが、人数が足りない」とのことで、飲み会に呼ばれました(ちなみに私は男です)。
で、会場に行きました。柄が悪かったNなのに、どっからこんなお嬢様系の大学生とつながりをもてるんだろう?と思いつつ、Nの友人の男たちは話しも上手で、場を盛り上げるのも上手でした。
で、話しのながれで「怖い話」をNが披露することになりました。

話自体は非常にありがちだったのですが、語り口が非常にうまいためか女のこはわりと本気でこわがっていました。
内容はうろおぼえなので書きませんが、ラストは

「この話を聞いた人は24時間以内にその老婆が部屋に訪れる」
「ただし、部屋のまどを数センチあけておけば現れない」
というようなものでした。
こうやってかくと子供だましでしかありまえせんね。
しかし、女の子達は一様に「今日は絶対窓開けて寝る!」と言ってました。
その日はそんな感じ終わりました。

後日、飲み会に誘ってもらったお返しに、今度はこっちが女の子を用意して飲み会を開こうと思い、Nに電話しました。
「どう?」って聞くと

N「おー、その子達はやってもいいの?」
私「やるって、、まあ幹事の子は俺が狙ってるからだめだけど、他は本人次第じゃないの?」
N「そういうことじゃなくて」


彼等は、飲み会をやるとほぼ確実にやるそうです。
合意の上ではなく。

飲み会のなかで、一人暮らしかどうか、部屋は何回にあるのか大体の住所を聞いたりときには尾行したり、かわいければ携帯から住所しらべたりするらしいです(←アラジンがどうの、とか言ってました)。
この怖い話をすれば、大抵窓の鍵があいてるので楽勝、とか言ってました。

男にとっては「不愉快な話」ですが女性にとっては「洒落にならない怖い話」の要素もあると思いました。
みなさんはひっかからないでください。
関連記事
2017-03-23 18:15 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR