コンクリート

ダムの工事は、今でこそ重機を使い、大規模な工事を昔より随分と安全に行えるようになりました。


しかしまだそんな重機が無かった時代、生コンクリートをバケツで運ぶといった酷くローテクな作業で工事を行っていたらしい。そして、生コンクリートの中にうっかり落ちてしまうという事故も結構な数があったそうな。

当時の生コンクリートは今より重く、質のあまりよくないものだったため、落ちてしまったら自力で這い上がる事は難しく、そのままダムの一部になってしまうケースがあったそうです。

しかし、本当に落ちたら助けられなかったのでしょうか?
そんな頻繁に生コンクリートに落ちてしまうのでしょうか?

実は生コンクリートに誰かしら落として「人柱(生け贄)」にして、工事の安全や天災のないように人為的にやっていたそうです。そのため、誰かがうっかり落ちてくれた場合、敢えて助けなかったそうです。

今も各地のダムに、コンクリートになった人間が埋まっているのかも…
関連記事
2017-03-24 08:13 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 1 :
コメントの投稿
非公開コメント

ただの都市伝説
 ないない! 全くの都市伝説ですよ。生コンクリートの密度は人体より大きいから、人間が生コンの中に落ちても沈みません。氷が水に浮くようにです。だからすぐに救助できます。ましてや「人柱」など、いつの時代の話でしょう? 昔だって、そんな事をすれば殺人(未遂)事件となって、官憲が黙っていませんよ。
2017-06-22 00:59 : へそ吉 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR