パラコート連続毒殺事件

パラコート連続毒殺事件とは、1985年4月30日から11月17日の間に日本各地で発生した、無差別毒殺事件。
全て未解決。

関連事件34件(模倣犯を含む)のうち、13人が死亡。

全国各地の自動販売機の商品受け取り口に、農薬を混入したジュースなどが置かれていた無差別殺人事件。
毒物の混入された飲料を置き忘れの商品と勘違いさせ、それを飲んだ被害者が命を落とした。

当時は、瓶で販売されている飲料のキャップは構造上、開封と未開封の区別が付きにくかったため、一旦開封し毒物を混入した上で、キャップを戻しても一見目には、そうと分からない事が多かった。

ちなみにこの事件に起因して現在でもオロナミンCなどはビンのプルタブ形式を継続している。
関連記事
2017-03-26 18:21 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR