背中の傷

デリヘル嬢から聴いた話

新規の予約に 勇んでラブホに向った彼女
待っていたのはリーマン風のいかにも神経質そうな男だったらしい

部屋に入ると男は大声で「脱げ」と命じた。
不安が錯綜し彼女の愛想笑いが消える。

要望に応え衣服を脱ぎ捨てると男は顔を近づけ、鼻を鳴らしながら「臭ぇ、臭ぇ」と繰り返す。

震える身体を押え男にシャワーを勧める彼女
浴室に於いてもベッドに於いても男は機能しなかったそうだ。

せわしなく両の指を動かし剥き出しの歯をギリギリと擦り合わせる男
彼女はただ時間の過ぎ行くことを祈っていた。

男の背中に引掻いた様なミミズ腫れを見つけた彼女
そそくさとラブホを後にしたらしい。
男は何度も延長を交渉してきた様だが…


「だってね あの疵 ニゲテって読めたんだもん」
数年前にその地域で発生したデリヘル嬢惨殺事件、実はまだ未解決なのだそうだ…
関連記事
2017-03-28 12:16 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR