指ほしい

俺厨房の頃、町の夏祭りに友人と夜遅くまで遊んでた。
もう日付がかわる頃
「もう、ねみ~し帰るべ」
って事になりお開きになった。

帰り道、細い道を友人と二人で歩いてると、前からこちらへ歩いて来る人がいた。
どうも酔っ払ったオッサンらしく、ひょこひょこと正に千鳥足だった。
絡まれるとウゼーと思い、二人で道の端により道を譲ろうとした。

オッサンは立ち止まり俺等を虚ろな目で見た。
そしてゆっくりと口を開き、幼児の様な高い声で、
「指・指、欲しい」
と言って、背中に隠してたらしいナタを出してきた。

俺等一目散に今歩いてきた道引き返したんだが、オッサンも後からついてくる。
途中、二手に別れて逃げたがオッサンは俺の方には来なかった。
数日後、別の道を逃げた友人の指二本取られてた事を知った。
関連記事
2017-03-29 08:13 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR