留守番

小学生の頃、姉が習ってるピアノの発表会があったんだけど、自分は学校があったので見に行くことができなかった。帰りは夜7時くらいということで、自分は学校から帰ったら母が作っておいた夕飯を食べながら留守番をするはずだった。

だけど当日、学校でお腹が痛くなってしまい、放課後まで保健室で休ませてもらってから担任の先生が家まで送ってくれることになった。
家に着いて、まだ寝ていた方がいいと先生に言われ、布団を出すのを先生が手伝ってくれると言うので姉と私の部屋に行って押入れを開けた。

すると見知らぬおじさんと目が合った。
先生と私は、一瞬目が点になった後、叫び声を上げて部屋から逃げ出した。
おじさんもびっくりして窓から逃げて行った。
逃げた後には包丁とロープのようなもの、おじさんの靴が残っていた。
先生が警察に通報して、母と姉が帰ってくるまで一緒にいてくれて事情を説明してくれた。

後日、おじさんは警察に捕まった。3軒隣の40代の、今でいう引きこもりだったらしい。
おじさんの部屋からは、小学生女児と思われる写真や、盗聴器なんかが見つかったと聞いた。
近所くらいの距離なら、コードレスホンの電波?を拾える物だったらしい。

留守番するはずだった前日、母が電話でお向かいのおばちゃんに、私が1人で留守番するというのを聞いて、悪戯目的で窓の鍵を壊して入り、押入れに潜んでいたらしい。
あの日、具合が悪くならなくて1人で帰宅してたらと思うと今でも怖い。
関連記事
2017-03-30 08:02 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR