消えた湖

2005年5月、ロシアの中央部のボロトニコフ村で、湖が一晩で消えるという事件があった。

村人のひとりは、「まるでだれかが、巨大な浴槽の栓を抜いてしまったかのようだ」と驚愕に満ちた表情で語った。
幸い、湖の上にいた船や人はいなかったようだが、もしいたら助からなかっただろう。

湖が消えた原因について、地方公務員のドミトリー・クリュエフさんは、「なんらかの要因で、洞窟系か、地下川に、すべての水が流れ込んでしまったのではないか」といっている。

この湖は、イワン帝の恐怖の時代からずっと存在し、いつもくらいうわさが立てられていたという。
村人のひとりは、「湖の底には教会があるといわれていた」という。
関連記事
2017-04-01 22:03 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR