人身事故

まだ俺が高校生だった頃
部活合宿の帰りで駅に向かい、電車を待っていたんだが
なぜか時間を大幅にずれ越しても電車が来ない
何事か?と思っていると
「ただ今人身事故が発生した為、電車がストップしております」の放送が
その後の放送では運行再開まで最低でも30分は掛かる、との事だったが
駅周辺に暇を潰せそうな所も無く、仕方なく俺と部活仲間は駅構内で運行再開を待つ事にした

それから何分か経った時、
皆喉が乾いたんで俺が代表で自販機に飲み物を買いに行く事に
そして自販機のある入り口付近に行った時
駅の入り口から凄く鮮やかな紫の着物を着た女性が多少息を切らせて入ってきた
着物とは珍しい、と思いつつもあまり視線を向けるのも失礼と思って目を逸らし
ジュースを買っているとまた繰り返しの「ただ今人身事故が~」のアナウンスが
いいかげん何度も流れていたアナウンスだったので聞き流していたんだが
そのアナウンスに紛れて聞きなれない、というかその場にあからさまにそぐわない言葉が耳に入った

「ハハ、上手くいった」

その声が女性の物だった事もあり、つい先ほどの着物の女性に視線を向けると
その女性は着物の袖口で口を覆う様にしながら、駅構内から出ていく所だった
俺は情けない事に呆気に取られるばかりで、女性を追う事もその言葉について問う事も出来なかった

あの時の「上手くいった」がなにを意味するかは正確には判らないが、あの侮蔑交じりの声だけは今でも耳に残ってる
関連記事
2017-04-03 12:03 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR