夜中の足音


私は都内で一人暮らしをしている販売員なのですが
仕事柄会社員の人と休日が違うので、日曜日の夜はこうして夜更かしをして、
月曜日はお昼ぐらいに起きるという生活をしています
だけどこのマンションに住んでいる住人の多くは、普通の会社員らしく
日曜の夜は静まり返っています

最近気がついたのですが、3時になると徘徊する人がいるようで
マンションの廊下をするような音が響くことがあります
私の部屋の間取りは、玄関の隣にバストイレがあり
バストイレの小窓が玄関にならんでついているというそんな感じです
最初は「新聞配達じゃないのかな?」と思っていたのですが
新聞配達は、もうすこし夜が明けてからですし
「早朝トレーニングかな」とも思っていたのですが、
重いあしどりで引きずるように歩く人がトレーニングするとは思えず
リハビリかもしれないなということで、自分の中では納得していました

けれど妙に引っ掛かっていたのです
何故深夜三時なんだろうと
月曜日が定休なのですが、月に二回木曜日が休みなので
徘徊者が水曜日も徘徊していることはわかっていました違和感を感じるのは、歩き方です
ズッズッズッ と足を引きずっているのに妙にその速度が早いんです
その音は私の階の行き止まりまで行って、もどってくることはありません
私の部屋の前を通らないと、エレベーターも階段も使うことができません
つまり、この階の一番奥の部屋が徘徊者の部屋だということになります

ですが、もう一年以上前から最奥の部屋には誰も住んでないんです
そのことに気がついてから、あの足音を聞くと眠れなくなってしまうのです
今日は何故か私の部屋の前で数秒足を留めてから、奥の部屋に歩いていきました
今引越を考えているところです
関連記事
2017-04-05 12:03 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR