昔見たテレビ番組


子供の時に見たテレビ番組の記憶。
かなり曖昧だがかえってそれが不気味に自分の中にくすぶっている。
時間はよく覚えてないが、子供にとって晩い時間だったから11時か12時すぎにやっていた番組。
内容はというと、だだっぴろいスタジオに台が規則正しく沢山並んでいる。
各台には布がかけられており、こんもりと盛り上がって人が一人その下に寝ていることがわかる。
早い話が布をかぶった死体の風景が映し出されている。
台の合間を司会が歩いている。たしか二人。
二人が話しながら番組は進行していく。
一人が立ち止まり、目の前の死体の死因について語り始める。
「このk(仮名)さんは…」
そこでVTRが始まる。kさんの軽い生い立ち、そして死んだ日のすごし方、死に方が流れる。
VTRが終わると司会は布をめくり、合掌する(こちら側から布の中身は見えない)
そうやって順々に各死体のエピソードが語られていく。

おそらく死体はただの演出で中はただの人形だろうが、
すごい不謹慎で不可思議な番組で今でもなんとなく覚えてる。
都市伝説で砂嵐とかがあるけど、この番組は実際やってた番組だと思ってる。
誰か知ってる人いる?ずっとモヤモヤしてる。
関連記事
2017-04-09 08:05 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR