着信


友達(以下M)の話。実話だからいくらかぼかして書くよ。

俺達が務める会社にバイトの女の子(以下A)が入ってきた。
助平な社長がルックスで採用しただけあって、そりゃあかわいい子だった。
しかも仕事はカンペキで、よく気が利くうえに控えめキャラときたから、男共が放っておく訳がない。Mも隙を見ては口説いてた。
Mってのは男の俺から見てもイケメンなのよ。
Aも奴を憎らず思ってた風で、二人がくっつくのは時間の問題って雰囲気だった。
けど、そこからが進まない。あと一歩のところで肩透かしってのを繰り返されて、Mは微妙にテンション下がっちまった。もともと気の長い方じゃないからね。
それである日「脈がないならはっきり振ってくれ」って感じで詰め寄った。
するとAはボロボロ泣き出して、要約すると
「Mの事は好き。でも私にはストーカーがついてるからつき合えない」って事を話した。
いきなりそんなヘビーな話されてもMにはぴんとこなかった。それでも自分が振られた事だけは理解できたんで、とりあえずは諦めようと思った。
一応流れで「何かあったら電話しなよ」ってケー番は渡したらしいけど。

それからいくらも経たないうちに、Aは死んでしまった。
住んでたマンションのベランダから飛び降りて即死だった。
Aが死ぬ直前と思われる時間帯、Mのケータイの着信履歴にはAの番号がいくつも残ってた。
だけど警察の捜査でも、Aのケータイは見つからずじまいだった。
いくつかの謎は残ったものの、Aの死は自殺として処理された。
Aには身寄りがなかったから、後始末は会社がした。
Mも部屋の引き払いに男手として行ったんだけど、
年頃の女の子にしては少なすぎる着替えと日用品、あとは布団くらいしかなくて、Mは少し泣いた。
Aは本当にストーカーからずっと逃げまわってたんだ。
俺が最後の希望だったのかもしれない。もっとちゃんと聞いてやれば良かったって。
AがMに電話してた時、俺Mと二人で飲んでたんだよ。仕事の電話かかってきたらウゼーからマナーモードにしてさ。次の女探すぞー!
なんて笑ってた。俺もしばらくは落ち込んだよ。

Mはだんだんおかしくなっていった。眠れないらしい。
たしかにAの事はショックだったけど、彼女でもなんでもなかったんだから、そこまで気に病む必要ないだろうって俺は言った。
冷たいようだけど俺にとっては生きてるMの方が優先だったからね。
そしたらケータイの着信履歴を見せられた。ぞっとしたよ。
Aの番号がびっしりなんだ。
しかもそのそばからガンガン着信。Mは真っ青になって震えてる。
でも冷静に考えればAのケータイは現場から持ち去られてる。
て事は今これをかけてるのはAを殺した犯人かもしれない。そう思ってとっさに俺は電話に出た。
無言。だけどかすかに息づかいが聞こえる。女?そういうのってなんとなくわかるじゃん。思わず「お前誰だ!」って怒鳴った。次の瞬間

「キャハハハハハハは!!!!」

かん高い笑い声を残して電話は切れた。
Aの声だったのかはわからない。タチの悪いイタズラだったと思いたい。
Mはその後精神に異常をきたして入院した。今のところ退院の見通しは立っていない。

俺はこのところ毎晩Aの夢を見る。生きてた頃のきれいな姿で目の前に立ってる。
声をかけようとすると、ドン!というかグシャ!
というかものすごく嫌な音がして、Aはぐちゃぐちゃになる。
脳が飛び出して血だらけの顔で俺を見てる。
「キャハハハハハハは!!!!」
あの笑い声が聞こえる。

Aは俺の事を恨んでるのだろうか?いじめにあった子供は、いじめた相手よりそれを見て見ぬふりをした友達を憎む、と誰かから聞いた。
それともこれは俺が抱いた罪悪感から見る夢で、あの電話はやっぱりAのストーカーの仕業なのかもしれない。
女に女のストーカーがつく事なんてあるんだろうか?あの声はたしかに女だった。
考えてもわからないなら、考えるのをやめよう。Mのように狂ってしまう前に。でもね、今も見てるんだ。

Aがそこの窓から
関連記事
2017-04-11 08:10 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR