隣の家のおじさん

俺が小学2年生の時の話。

ある日、熱が出て学校を早退してきた俺。
学校と家が近い、父は仕事、母は出かけていた為、歩いて帰って来た。

二階の部屋で寝ていると、一階から物音が聞こえた。
母ちゃんが帰って来たのかなと思って一階に行ってみると、隣の家のおじさんがいた。
手には包丁持ってて、昼間に家にいる俺を見てびっくりしてた。
で、「おじさんがいたこと、内緒にしてくれるやんな?」って言ってきて、
包丁に釘付けな俺は、むちゃくちゃ怖くてうんうんと頷いた。

親に言いたかったけど、殺されるかもしれないと思って言えなかった。

それから月に一回、おじさんが沢山のお菓子を持ってくるようになった。
笑顔で「これ、食べや」って渡してくるおじさん。
なんでお菓子を持ってくるのかわかんなかったけど、
おじさんの笑顔が怖くて、毎回硬直して受け取ってた。
母は「この子、恥ずかしがり屋で……」って笑ってた。

先月、おじさんが亡くなった。
やっと自由になったと思った。

先週、村の呑みでおじさんの話を耳にした。
・おじさんは競馬やパチンコが大好きな人だった。
・おじさんはアル中で、よくいろんな家の呑みに出没していた。
・おじさんが亡くなってから、多発していた窃盗事件がぱったりとなくなった。

未だに、あの時のおじさんの顔と包丁がトラウマ
関連記事
2017-04-15 18:23 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR