覆面男と父親の本性

「何だお前はぁぁぁ!」

父の大きい怒鳴り声で目が覚めた。
そこでは、覆面をかぶった一人の男と、俺の父が睨み合っていた。
俺は、「強盗か?」と、一瞬嫌な予感がしたが、男は武器一つ持っていない。
だから父も堂々と立ち向かっているのか。
しかし、だとしたらこいつ…何者?
俺は一応寝てるフリをしていた。

そして、しばらく口論が続き、狸寝入りしてる。
俺に気付く様子も無く、父はとんでもない言葉を発していた。
曖昧にしか聞こえなかったが、確かに言っていたのだ。

「お前はもう俺の子じゃないんだ!」

うちは一人っ子だ。もちろん子供は俺だけ。
じゃああいつは…?もしかして…!
俺はショックだった。長年隠されていたのだ。
俺は本当の子じゃ無かったんだ。
そしてしばらくした後、覆面の男が投げやりに言った。

「そうか!やっぱりこんな顔だからダメなのか!」

そして男は覆面を脱ぎ捨てた。…驚いた。
その顔は、見るにも耐えない程の奇形の顔だった。
何と言うか、顔のパーツがドロドロに溶けて曲がってると言うか、
とにかく酷い顔だったのだ。
そして父は言った。

「そうだよ!だからここはお前の居る場所じゃない!」

そう言うと男は、泣きながら去っていった。
いつも俺に優しく、邪気は少しも無く見えた父だったが、
その時初めて知った父の本性の醜さが、洒落にならないぐらい怖かった
関連記事
2017-04-17 18:19 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR