死体と踊る蛙


20年くらい前、浅香光代的おばさんが
ごきげんよう的なトーク番組で言ってた話。

そのおばさんが子供の頃じいさんが亡くなって通夜の晩。
その地方ではご遺体に小刀もたせるんだって。
何にも憑かれないで成仏できるように。

でも不信心だったのか小刀がなかったのか、
もたせなかったらしいのね。

そんで通夜が終わって寝てたんだけど
深夜。物音で目が覚めた。
じいさんが寝てる居間から。

子供だから全く恐怖心とか無くて
なんだろって見に行ったんだって。

そこにいたのは人くらいの身長のカエルで
じいさんと踊ってたんだって。

じいさんは死体のまま。
操り人形みたいに。

幼心に怖くなって布団にもぐりこんで
ガタガタ震えてるうちに寝ちゃった。

翌朝親に話したら顔真っ青にして
小刀持たせたって。

よく知らんが死んだ人を成仏させずに
遊び相手にずっと留まらせる何かがいるとかって
言い伝えがあちこちにあるみたい
関連記事
2017-04-18 22:11 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR