ウーコシュルップ


555 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/27 14:50
釧路という、北海道にある港町の出身です。
冬の海は厳しく、誤って落ちるものなら
泳ぐ間もなく死んでしまいます。
僕の叔父もその一人でした。
葬式の夜、当時8才だった僕は本当に退屈していまして、
大人が話しているのをぼんやりと聞いていました。
叔父はまだ若かったので、祖母なんかはすごく取り乱していました。
しかし祖父や父、漁協のおじさんたちは静かに、
そして憂鬱そうにぼそぼそ話していたのです。
”ウーコシルプ”がどうしたみたいな話をしているのです。
”ウーコジブ”かもしれませんが、とに角それが
叔父さんに何かしたみたいな言い方でした。
しかも何人目だとかという話でした。

眠くなった僕は父に布団に連れて行ってもらい、
その時に”ウーコシルプ”って何と聞くと、
「知らなくて良い、寝ろ。」そう言うだけでした。
最近になって思い出し、載せてみました。
恐くないし、そんな個人・団体(ヤクザ含む)聞いたこともないので
読んでいただいた方には申し訳ありませんでした。


624 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/28 07:33
>>555

アイヌ語のウーコシュルップが訛ったものと思われますよん。
意味は「ウー」(海の)「コシュ」(化け物)「ルップ」(来る)で
海の神の使いが、身勝手な人間を海の深くに引きずり込むという
アイヌの民話から来ています

とのことです。まちBBS釧路スレで代わりに訊いてやったぞ。
関連記事
2017-04-23 22:24 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR