神様の妾


ウチの地方、昭和初期くらいまで『神様の妾』ってのがあったんだって。

なんか、選ばれた女の人が持ち回りで3~5年ずつくらい神様に愛でられるらしい。
それが、夢の中でウフンアハンする感じの?

それで、家の先祖のとある女の人が、それに選ばれた。

結構抜けている人で、持ち回りの妾だっていうのに、
自分が正妻になったと勘違いした。
三年くらいしたら、神様がちっとも来なくなり、
神社の偉い人に聞いたら、事実を知らされた。

そしたら、女の人は神様を恨み、自分を捨てたという怨念の塊になり、
独身のまま若くして死んだらしい。

で、その直後、その時の妾の人の所に、ズタボロになった神様が来て
『もう来れません、これ以降は誰もいりません』
と言って、それ以降神様が誰の夢に現れる事も無くなったそうだ。

…神様、捕まったんだろうなあ、と、ちょっとかわいそうに思った。
祟りとかそういうのは無いし、
一応家の家系が『神の嫁の末裔』と言われている事の実態。
やっぱ、人間恐ぇ。死んでも恐ぇ
関連記事
2017-05-06 18:10 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR