異世界体験


いつも待たしている彼女に迷惑だと思い、10分前にいつもの待ち合わせ場所についた。
待ち合わせ時間になっても彼女が来ない。
更に、10分が過ぎた。
不安になり彼女に連絡を入れようとしたら、彼女から連絡が入った。
「今、どこに居るの?」
心配といら立ち混じった声。

「○○(待ち合わせ場所)のベンチで」と答えると
「何、言っているのよ? 私もそこにいるよ」

待ち合わせ場所は、そんなに広くなくベンチも自分が座っている場所しかない。
まして、いつもの場所である。間違うはずがない。

私も待っていた事を伝えた。彼女は当然、納得いかず。しばらく沈黙の後、
「今、自転車乗った人が横切ったけど、服装、性別わかる?」
と彼女が聞いてきた。

私もその人を見たので、見た通りに答えた。
互いにわけがわからなくなる。
互いに今居る場所の写メール送ることにした。
互いの写メールを見って絶句した。

空、雲、時計の写真が、ほぼ同じアングルで撮影されていた。
また、他の場所に移しても、彼女と落ち合う事がなかった。
状況が理解できず、気味悪いので、そのまま家に帰ることにした。

その夜、彼女から電話があり朝が来るまで話した。
そして、もう一度、待ち合わせ場所に行こうということになって行った。
互いの姿、顔が見えた時は互いに泣きじゃくった。


異世界に行ったのは、どっちだったんだろうかなと
関連記事
2017-05-08 12:13 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR