凶器が呼ぶ


ちっとフェイク入れるから矛盾が生じても勘弁。

殺人事件が起きた。被害者は既婚女性。
頭部を鈍器のようなもので殴打によるなんたらで死亡。
現場の状況、周囲への聞き込みから、
担当刑事は容疑者は女性の夫ではないかと睨んでいた。
だが、凶器が出ない。
犯行現場だけでなく、夫の職場に断って探してみるも出てこない。
ドラマと違って、現実は凶器が見つからないと色々と厳しいらしい。

現場百遍。今日も夫の職場に断って、凶器を探す刑事さん。
倉庫を見させてもらっている時に、
ふとうずたかく積まれた何百個とあるダンボールの一つを開けてみる。
中には、赤黒く汚れた布に包まれた凶器があった。
その凶器が決定的な証拠となり、夫の自供も得られ、無事解決。

その話を聞いた時、さすが歴戦の猛者の勘は凄いと感嘆したのだが、
刑事さんは納得がいかないといった様子で締めた。

「何かな、呼ばれたような感じがしたんだよ。
 別に声とかが聞こえたわけじゃないんだがな。
 ああ、あの箱を開けなくちゃならないんだ、ってさ。
 おまけに、凶器を見つけた瞬間、
 その時だけ何故か妙に怒りが込み上げてきたっていうかな…」
関連記事
2017-05-29 18:22 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR