視えるタイプ


聞いた話だし真偽は不明だけど、いくつか投下してみる。  
大学のサークルで仲良くなった、後輩の腐女子から聞いた話。  
俗に言う、視えるタイプらしい。  
   
中学生のころ、初デートで映画館に行った。  
ホールに入る瞬間から「何かいるな…」と思ったが、横にいる男の手前もあり、よくあることなので(ねーよ)黙っていた。  
モノは某巨大客船沈没映画。長い上につまらなかったが、  
彼に気を遣って、必死に眠気と戦っていた。  
   
しかしいつしかウトウト船を漕ぎ始め、ぼぉーっとしていると、突然、館内中を揺らすような大音量で哄笑が響き渡った。  
何事かとスクリーンをみると、髪の長い女がデカデカと映し出され、白目を剥いて嗤っている。  
半分寝てはたが、さすがにこれは変だ…と視線を落とすと、前方の客席。
座る客の全員が、彼女の方を向き、同じ白目で嗤っていた。  
そのすぐ直後、みながスッと前を向き、映画は何事もなく本来の物語に戻ったという。  
   
「前の人、首が360度まわってたような気もするけど、さすがにそれは夢かも」  
ちなみにこのとき一緒にいった男とはすぐ別れたそうな。  
彼もまた、同じ顔で嗤っていたのが忘れられなかったから。  
背伸びをしてタイ○ニックなんぞ見に行った私への、エヴァ様の祟りだと笑っていた。
関連記事
2017-06-23 12:03 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR