頭を洗っている時に


この休みにかみさんの実家で体験したことです

二歳の子供とかみさんで実家に帰り、夕飯も終え、
義父さんに風呂を勧められたので、子供と一緒に入りました
いつものとおりに子供の体と頭を洗い
アンパンマンのおもちゃで遊んでいると
外から呼ぶ声がしたので子供を脱衣所に出して
自分の体を洗い始めました

うまく説明できませんが、浴室の扉は
曇りガラスがはまってるアコーディオンタイプ?の物で
二枚の板が真ん中でくの字に曲がる構造になっていて
真ん中の部分を押せば子供でも簡単に開けられます

体を洗っていると子供が扉を押してちょっと開き
「パパ~!」と顔を覗かせます
こらっ!と軽く言うとキャッキャッと言いながら
ドタドタと走って逃げていく、いつも通りの風景でした
何回かそんなことを繰り返し
さすがにちょっとうっとうしくなったので
鍵を閉めて開かないようにしゆっくりと体を洗っていました。
何回かドタドタと足音が近づき扉をドンドンと叩き
「パパ~!」と声が聞こえてきましたが
は~いと適当に答えていたら扉も開かないこともあり
次第に子供も飽きてこなくなりました

やれやれという思いで頭を洗い始めたころそれは起こりました。
いつも通り頭からお湯をかぶり、ふぅ~っと一息はいてから
頭を洗っているとまた足音が近づいてきました
と同時に、まるで一回扉を開けて湯気を逃がしたように
浴室がちょっと涼しくなりました
何かに違和感を感じながらわしゃわしゃしていると
ふと何に違和感を感じているかに気づきました
足音でした
先ほどまで聞こえてきたドタドタというものではなく
ズッズッとすって歩くような変な音で
今まで聞いたことがないものでした
なんだ?と思っていると足音は扉の前で止まりました
シャンプーだらけの顔で薄目をあけて扉をみたら
小さいシルエットが見えたので子供がこっそり来たのかと思い
泡を流すためまたお湯をかぶりました
次の瞬間に扉にびちゃっ!と何かが叩きつけられる音がして
聞いたことがない声が響きました

すりきれて伸びまくったテープのような声で
「ぶぁ~ぶぁ~!」と響きわたり。
下水のような臭いが浴室に漂いました
まだシャンプーまみれの顔でなんとか
目を開けて扉を見ると灰色の手のひらの様なものが二つ。
その間に灰色のつるつるな髪ひとつない顔の様なものが見えました
あまりにも想定外の物だったのでしばらく動けずにいると
口のあるはずの部分がみちみちっと裂けてまたあの声が響きました
「ぶぁ~ぶぁ~!」
声も出せないほどびびっていた自分は
ふと我にかえってお湯をかぶりシャンプーをしっかり落として
ばっちり開いた目で扉を見るとそこには何もいませんでした

それからは全く落ち着けず逃げるように浴室から出ました。
リビングに行くと義父が一人でテレビを見ていて
かみさんと子供はすでに寝ていました
自分の様子がいつもと違ったことに気付いた義父は
ビールを飲みながら何かあったのか?と聞いてきたので
誰か風呂にきましたか?と聞いたら
いいやと言って視線をテレビに戻しました
となりに座ってテレビを見ていたら一言
「まぁ古い家だからいろいろいるよ」
とつぶやきました

以上が昨日の夜のちょっと怖い体験です
関連記事
2017-06-29 18:09 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR