自衛隊の演習中に


携帯で洒落コワ見てて俺も体験談なかったかな~と考えてた時に
そう言えば、と思い出したのを投下する。

俺が某暴力装置に居た頃の話。ちなみに空。
年末の演習で、警備要員に選ばれて塹壕に入ってた時の事。
昼間に想定で防衛出動かかって、64式小銃持って山の中の塹壕に入った。
塹壕にはその時3人いた。俺1士とA士長とB2曹。

仮想敵は基地の外柵より中には侵入して来ないって超ヌルい設定だったんだが
夕方に探り入れて来てから何も無かったから、深夜来るだろうって話だった。
つっても一番端っこの塹壕だったし、俺とA士長でなんとなく前方警戒して、
B2曹はPSPやってたw
で、夜中2時頃、案の定仮想敵が重要施設に対して攻撃開始。
遠くでドンパチやってるし、無線からは結構逼迫した状況が伝えられてたんだが
俺は遠くの激しい銃撃戦を見て、スゲーとかヤベーとか思ってたんだが
A士長とB2曹は街の飲み屋の女の話をし始めたw

そんな状況でついうっかりしてて、
10時方向30mの外柵越しにいる人間に気付かなかった。
マズイと思って盛り上がってる二人に報告すると、
流石に銃構えて警告を始めた。

自衛隊について詳しい人ならわかると思うが、
「誰可!」と3回聞いて応答無ければ射撃する。

勿論応答無かったので、B2曹がトリガーハッピーを始めた。
空包だから撃ちまくれとかなんとか言ってた。
戦争は地獄d(ryのAAそっくりだった。

と、A士長が突然「待って下さい!」と叫びB2曹を止めた。

俺も興奮してて気付かなかったんだが、その人間、全然動かん。
しかも空自の緑の作業服じゃなくて、
なんか白いワイシャツみたいのを着てる様に見えた。

あんまり動かんので3人でしばらく観察してた。

「制服着た方面隊の監察官だろ?」とB2曹がずっと言ってたが、
真冬の夜中に外でワイシャツだけは無いし
いくら監察官だからって山ん中で制服は無いだろと。
結局それ以上トリガーハッピー出来なかったB2曹は少し不機嫌になってたw

俺は一応無線を担当してたので、本部に聞いてみるが
監察官は今お前らの地区にはいないと言う。

と、真横から突然銃撃音。本物の仮想敵が側面から来た。
なんだよあれはオトリか汚ぇな~とか言いながらそっちに対応した。
他の塹壕とも連携して、この仮想敵はなんとか撃退。
全員さっきの謎の人間がいた方向を確認したが、何も無かった。
と言うかこの時は全員、仮想敵が卑怯な方法でオトリ出したのかと思ってた。


で、しばらくたった4時頃、A士長が「あ~また来たよ」と言い出した。
確認してみると、確かにさっきと同じ場所に奴がいる。
シメシメ仮想敵の小隊も馬鹿だな~と本部に状況報告し、
射撃の許可が出たので今度は3人で撃った。

と、またA士長が「ちょっと待て」と射撃を止めた。
今度は何だと思って聞いてみると、「あいつ目が光ってる・・・」とか言い出す。
目を凝らしてみると、確かに微妙に顔辺りに光が二つ並んでる。
動かんし、目は光ってるし、気味が悪くなってきた俺らはとりあえず観察。
本部から戦果について聞かれたので、不明者逃亡と返信した。

そもそも、奴がいる地点は隣の塹壕からも確認出来るはずだったが、
誰も報告してない。
どうやら、マズい物を見てるんじゃないかと3人は思い始めた。
しかし動物の可能性も捨て切れない以上、本部に変な報告は出来ないし
(明方だったから幹部は皆疲れて不機嫌だしw)
とりあえず、無視しようと言う事になった。

それを3人で決めて再び塹壕の前方を向いた直後、A士長が「え!?」と叫んだ。
あまりの驚き様にB2曹も腰を上げ、前を見た。
目の前の外柵に目を光らせたワイシャツとスラックスの男が突っ立ってた。
ってかそこで気付いた。
こいつ目だけじゃなくて体全部光ってやがる。
だから冬の夜中で遠くにいても、ワイシャツと気がついたのかと。

なんか口もパクパクしてて、A士長とB2曹は固まってるし、
俺も銃向けるとかそれどころじゃなかった。
小銃持った3人の兵隊が、1体の化け物相手に固まってるって、
今考えりゃ笑えるけどw

その内そいつは森の奥へ消えていった。しかも水平移動で・・・。

全員が我に返った頃、ようやく空が青みがかって来た。
A士長とB2曹が「やべぇなこれ・・・」とか言い始めた時、
耳元でって言うか頭の中で声が響いた。


「撃てよ」


我に返った直後だったが、再び全員が固まった。
どうやら2人にも聞こえたらしい。

その後はガタガタ言いながら朝の演習終了まで3人寄り添ってましたw

その後、内務班で幽霊騒動が起きたり、
給養の倉庫を男の頭が彷徨ったり色々あったんですが
退職したんでそれ以上は不明・・・。
関連記事
2017-07-06 12:22 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR