同居人は暗いのが好き


明るい内なら書ける!今のうちに書いておこう。
もう慣れたとはいえやはり目の前にいるし、
大丈夫と分かっていてもいきなり何か異変があったらと思うと夜は無理だ。

今住んでいるマンションは借りた当初から、
部屋に一人、玄関に一人こちらの世界じゃない方が同居していた。
とは言っても、どちらももう人というよりは霞の様な状態で動く事もなく、
意思もないのかただそこにいるだけで害は無い。
そんなものあったら下見の段階で他のマンション探している。

ただ玄関にいる方は若干まだ人の形をしていて、
何もしてはこないのだが少しだけ困った事になった。
それに気付いたのは引っ越して2日程で玄関の電球が切れた事が発端だったのだけれど、
古い電球のままだったのかと新しい電球を買ってきて取り替えても
また1日程で切れてしまう。
ワット数間違えたか?と思い確認するがその点は問題ないのに
替えても替えても3日ももってくれない。

これ以上はお手上げなので大家さんに電話して事情を話すと、
すぐに業者の人を手配してくれた。
ところが点検しても異常は見当たらないと言われ、
新しい電球をとりつけてこれで駄目ならまた連絡を下さいと言って帰ってしまった。
結局業者さんが取り付けてくれた電球も次の日には切れていた。

そうなるともう原因は目の前に居るかろうじて人の形を保っている存在だ。
ああ、明るいの嫌いなんだなと諦めて、もう玄関の電球は切れたまま放置する事にした。
遊びに来た友人達にも玄関の電気切れてるよとよく突っ込まれたが、
こればっかりは説明しようがないので壊れてるとだけ伝えていた。

2年程した頃、いつの間にか玄関にいた方が居なくなっている事に気が付いた
(すぐに気付けないくらいもう存在薄かったんだ)
お?と思ってさっそく電球を取り替えてみると、
1週間どころか半年たっても切れる気配がない。
昼間でもぴんぴんしているのもいるのに、やっぱり幽霊らしく
明るいの苦手な存在もいるんだなぁと勉強になったというお話。

ちなみに玄関に居た人よりもさらに存在感が薄かった筈の部屋にいる方は
今も絶賛同居中です
関連記事
2017-07-07 12:22 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR