レンジャー訓練の時の話


レンジャー訓練の時の話

約二ヶ月の訓練期間初めの頃、消灯後に同僚と話をしていました。
「明日の訓練もきついなぁ…」
「たまらんなあ…」
こんな話を、とりとめも鳴くしていましたが、隣室の教官達に聞こえてはマズイと思い、
そろそろ寝よう、と床についたのでした。
その直後、部屋の外で「ゴトン」という大きな音が響きました。
それは、用水路にはめ込んである大きな石の蓋を踏んだ時の音でした。
(これはマズイ。教官に気付かれたか…)と、様子をうかがっていると、
ブーツの足音が…入り口のほうに向かっているようでした。
入口には自動販売機が置かれており消灯後とはいえ、相当明るかったので
すぐに教官の姿が見えるだろうと注意深く観察していたのですが、
なぜか姿が見えません。
(おかしいなぁ、ガラス張りだから見えるはずなのに…)

ふと気付くと、いつのまにか扉の内側に誰か立っています。しかし、下半身だけ。
戦闘服のズボンと半長靴(ブーツ)だけが入口に立っているのです。
私はその姿に見覚えがありました。三年前に首吊り自殺をした先輩の姿にそっくり。
私物の化繊の戦闘服、修理もせずに磨り減った半長靴…
まさに、あの先輩に間違いない。
恐怖で縮みあがっている私の方へ、その足だけの先輩は歩いてきました。
ゴトン、ゴトン… 
8台並んであるベットの横を、なんとも不気味な足音を響かせて、
それは近付いてきました。
私のすぐ傍まで来た時、ふいにそれは消えました。何事も無かったかのように。
しかし、恐怖はまだ終わってなかったのです。
途端に、すぐ傍で寝ていた学生長が、大きな呻き声をあげはじめたのです。

「うううぅーっ、うー、おおぉーっ、ふーっ、ふーっ」

今にも死にそうなうなされ方です。ただ事ではない苦しみ方です。
(ああ…とりつかれたんだ…)
そう確信した私は、すぐに彼を起こしてあげました。
汗びっしょりで目覚めた彼は、開口一番にこう言いました。
「助けてぇ!い、いま、戦闘服の男に足を引っ張られて、
 どこかに連れてかれようとしたぁー」
私は「安心して、もう大丈夫だから」となだめてあげました。
彼は「なんで分かった?」って、聞いてきたので
「うん、一部始終見てたから」と答えました。
大きく目を見開いて私を見るその目は、まるで幽霊そのものを見るような目つきでした
関連記事
2017-07-07 18:10 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR