魚が消えるトンネル


母の田舎の実家で起きた話
昭和初期の話らしい。

母がまだ小さい時、女の人がその村のトンネルの中で変質者に殺されたそうだ。
その女の人は魚が好物だったらしく、
それ以来、そのトンネルを魚を持って通ると、昼夜問わず必ず魚が消えていたらしい。
ある時、村で結婚式が行われるので、母の親戚のおじさんが
隣り村の漁場まで魚を買いに行く事になった。
それには例のトンネルを通らなければならないらしく、
皆はやめた方がいいかもと言っていたが、
「なんのそんな事んあろかよ」(なーに、そんな事あるわけない)
と、そのおじさんは隣り村に魚を自転車に乗って買いに行った。
そこで隣り村でタイを4匹買い、発泡スチロールの中に入れて
自転車の後ろに乗せて帰る事になった。

太陽も傾いてうす薄暗くなった時、ちょうどそのトンネルに差し掛かったらしい。
おじさんは例の話は頭にあったけど、気にもとめずそのままトンネルに入って行った。
そしてトンネルの中間まで差し掛かったとき、急にペダルが重くなったらしい。
ガタガタガタガタと、力一杯こいでも、その場で凄い力で自転車の後ろの荷台を
見えない誰かが掴んでいる感じだったそうだ。

5分ぐらいそれが続くと、また急にペダルが軽くなったそうだ。
そしておじさんはそのままトンネルを通過し、
家にたどり着いて早速発泡スチロールの中を確認した。
すると、4匹あったはずのタイが3匹しか入ってなかったらしい。
確かに4匹あったはずと、何度も数えたけど、結局3匹しかなかったそうだ
関連記事
2017-07-12 22:04 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR