未だ帰れず


この話するとトシバレだけど御愛嬌で勘弁。

昭和50年頃、アタシは旅役者で全国をドサ周りしてたの、ガチね。
んで、某県に行った時のことさ。
いつも木賃宿(って分かる?)的な安宿に泊まるんだけど、
この時の宿は気持ち悪かった。

戦災から焼け残ったボロボロの木造平屋で、廊下の両側に畳二畳の小部屋がズラーッと並んでる。聞いたところでは、昭和34年の売春禁止法施行前まで売春宿(いわゆる赤線)として使われていたらしい。

ここで一人一部屋ずつ入れられて寝たんだけど……
廊下の片側の部屋に泊まった人間全員(マジ全員!)が金縛りに遭って、
16,7の田舎臭い女の子が血まみれの大きな舌を首もとまで垂らしてる夢に一晩中うなされた。しかも、その子はケーロケロと蛙みたいな声を出し続けてるんだって。

アタシは被害に遭わなかったから、翌朝その話を聞いて不覚にも笑っちゃった。
でも、被害者の中で一人だけ、蛙語を聞き分けた東北出身の女性がいた。
彼女いわく、

「あれは蛙の鳴きマネじゃない。ケェシテケロ(=帰してくれ)って言ってたんだよ。
朝、窓を開けたら裏庭に大きな柿の木があったから、あの柿の木で首を吊ったんだと思う」

彼女の話がホントなら、柿の木側の部屋に泊まった人間だけがやられたんだろうね。

戦後は東北から売られてくる娘がまだいたんだねーと、
みんなで何となくしんみりしちゃったことを覚えてる。
関連記事
2017-07-24 18:05 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR