一緒に寝てると思ったよ


高校の修学旅行で本当にあった話。

当時、私のグループは5人で仲が良かった。
この5人を仮に、私、A、B、C、Dとする。

その日のホテルは4人1部屋で、5人では泊まれない。
他のグループとも仲の良かったBが、別の部屋に泊まることになっていた。

だけど、せっかくの修学旅行なのにみんながそろわないのは寂しい。
消灯の時間までなら構わないだろうと、A、DがBを呼びに行った。

残った私とCは、交代で風呂をシャワーを浴びることにした。
Cが先に入り、次が私。
私が浴室から出てきたら、Cがベッドに腰掛けて首をひねっている。

理由をきいたら、携帯のカメラの調子がおかしいとのこと。
当時付き合っていた彼氏に、旅先から写メを送ろうとしたのだが
シャッターを押しても写真が撮れないのだ。

試しに、私が撮ってみようということになり、
Cが腰掛けていたベッドの向かいに座って、シャッターを押す。

撮れなかった。

変だねー、と言いながら、私の横に来て、携帯を確認するC。
そのまま二人で自分撮りしてみたら、今度はちゃんと写真が撮れた。
直ったのかな、と試しにそこら中を撮りまくってみたら、ちゃんと撮れる。

で、Cが使おうとしていたベッドに戻って、彼氏に送る用の写メを撮ろうとした…
けど、なぜかやっぱり撮れない。

その内Cが
「このベッド、呪われてるんじゃない?」と言いだした。

ふたりでキャーキャー言ってたら、Bを呼びに行ってたDとAが帰ってきた。
写真が撮れない話をして、予期せぬ怪談に一通り盛り上がったものの
誰もそこまで真面目に捉えず、話は普通にガールズトーク(笑)に流れていった。

22時くらいだったか、早寝早起きの習慣が身についているAが
眠気に耐え切れず、先に寝ることになった。

その後、しばらして消灯の時間になり、Bも自室に戻る。

残った私とDとCは、どのベッドで寝るかで軽くもめた。
誰も本気で例のベッドが呪われているとは思っていないが
やっぱりなんとなく、気持ちが悪い。

流れで、3人で一緒に寝ることになった。
こわい怖い言った後だったから、みんな1人で寝るのがちょっと怖かった。
まだまだ語りたいこともあったし。

でもおしゃべりしていたら、怖かった雰囲気も消えて、
その内、寝心地優先になった。
最初に、Dが、違うベッドで寝る、と、怖くないベッドで一人で寝た。
その後、私は寝てしまったのだが
一緒に寝てたCは暑くて我慢出来ず、例の怖いベッドで寝たらしい。

明け方、5時くらいにAの目覚ましがなった。
目を覚ました私に、Aが謝って、二人してそのまま二度寝した。


翌朝、したくを終えてロビーで朝食を食べていたらAが、
Bはいつの間に部屋戻ったのかときいた。
部屋移動してるのばれたら面倒だから、
Aが寝た後、消灯前には帰ったよ、と答えると
驚いた顔のA。
「え、Cと寝てたよね?」
理由をきくと、明け方、間違えて目覚ましが鳴ったとき
寝てるCの横に、布団から頭部が覗いてたから、Bだと思ってたらしい。


その後は、特に怖いことはなく、修学旅行を終えました。
実話なので、オチはないです。怖くなかったらごめんなさい。
関連記事
2017-08-01 22:03 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR