アナウンス

怖い話ってほど怖くはないけど…
私は子供の頃、大体6歳くらいまでアナウンスが聞こえてきたんだ。
普通に生活してて、急にあの「ぴんぽんぱんぽーん」みたいな音がして次に言葉が流れる。

意味のない言葉はなくて、遊びに行こうとしたら「ぴんぽんぱんぽーん、これから雨降ります」みたいなこととか、結構便利なことを教えてくれた。
事実アナウンスの言葉通りになった。

子供だった私は、それが全員に起こってることだと思ってたんだよね。
だから自慢もしなかったし、誰にも話さなかった。
当たり前だと思ったから。
それである日家族でお出かけしたんだ。

駅について、ホームで電車待ってたら何か一人の女の人が妙にホームギリギリに立ってたんだ。
私はそれが気になってチラチラ見てたらアナウンスが鳴った。
いつもなら「ぴんぽんぱんぽーん」一回のハズなのに何回も何回も「ぴんぽんぱんぽーん」が鳴る。
私は手を繋いでるお母さんに「ぴんぽんぱんぽーんなってるよ」って伝えたんだけど「これは電車が来る音だよ」とだけ返された。

どうやら電車到着の音もなっていたらしく、私はそれで納得した。
それでもアナウンスはならなくて、ホームに電車が入ってきた瞬間
「ぴんぽんぱんぽーん、あの人飛び込みます」って流れた。

その後はアナウンス通りに、女性が飛び込みお出かけ中止
それからは何故かアナウンスが聞こえなくなって、だんだん忘れてきたんだけど、先日自宅でテレビを見てたら
「ぴんぽんぱんぽーん」って鳴った。

空耳かと思ったけど、ハッキリとし過ぎてた。
そして「次終わりまーす」ってアナウンスが響いた。
それから特に何もないけど何が終わるのか気になって仕方ない。
関連記事
2017-03-15 08:08 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR