誰だ

86 本当にあった怖い名無し 2010/09/10(金) 23:49:32 ID:S6evidK50
厨房のときの話
薄着だったから夏だったと思う
市営住宅で、俺の部屋の窓の向こうは通路だった
その窓はガラス戸と、その内側は障子になっている
頭を窓側にしてベッドで横になっていて
何気なく窓のほうを見ると
ガラス戸はしまっているのに、障子が15センチほど開いていた
気になったので障子を閉めようと思ったが
その前になんとなくガラス戸を開けてみた
ガラス戸を開けると同時に慌てた様子の誰かがダダダっと逃げて行った。
俺の推理だが、ガラス戸を開けて、障子を開けて、
誰かが俺と部屋を見ていた
それで一旦ガラス戸だけ閉めていたのだろう
もう何年も前のことだが
いまだに誰だったのか気になる・・・

関連記事
2017-10-24 12:10 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR