手相

前に、職場の先輩(Aさん)とご飯を食べに行った。
将来の話になったんだが、私が「未来がわかればいいんですけどねぇ。占いとか行きたいなー」と言うとAさんはうっすら苦笑いをして、「私、行ったことあるよ」と一言。

「えっいいなー!! 何占いですか?」
「手相。3年前かな。友達と行ったんだけど」

中華街だかどっかのお店で、Aさんと友達(Bさん)の2人で入ったんだそうだ。
中には小さな部屋?広間?みたいなのがあって、ドアが一つ。
そのドアの向こうに占い師がいた。
多分、客が2人以上いた時に、順番待ちをしやすい様になっているんだろう。

なんだか想像通りというか、何というか。
胡散臭いな、と思いつつ奥の部屋に入った。

部屋は基本1人ずつだが、本人達が希望すれば2人以上で入ってもいいらしい。
AさんはBさんと2人で入った。

先にAさんが見てもらう。
正直、まぁまぁという感想。
当たっているっちゃ当たっているが、よくわからない事もあった。
まぁ、占いなんてそんなモンだろと思ったし、聞きたいことも聞けて、そこそこ満足した。

次にBさんが見てもらう。
占い師がBさんの手を見た瞬間、怪訝な顔をした。

「……これは……ちょっと」
「え、何ですか」とBさんが聞くと、顔も見ずに「帰って下さい」と一言。

「え、どういう事ですか」
「すみません。あなたの手相は見る事は出来ません。お帰り下さい」
「見れないって? よくわからないんですけど」
「言葉のままです。私は何も言えませんし、何も見れません。お代はお返ししますので、帰って下さい」

Bさんは食い下がったのだが、占い師は見れない。帰れ。の一点張り。
どう説得しても無理そうなので、渋々店を出た。
占い師の態度が感じ悪かったので、また別の店に入り直す気にもなれず、そのまま2人は別れた。

それから二週間経ったか経っていないか、それくらいの頃。
Bさんは交通事故で亡くなったそうだ。

「見れないっていうのがね。まさか、将来が無いとかだったのかなって、思ったりして」

Aさんは寂しそうに笑っていた。
関連記事
2017-03-16 08:10 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR