195 本当にあった怖い名無し 2010/07/17(土) 22:13:22 ID:lYKEHqVX0
大学生の頃の話。

同じサークルの友人たちと河口湖へキャンプにいったんだ。
参加者は8人だったから、
俺ともう一人の奴がクルマを出して、
それぞれのクルマに4人ずつ乗ってキャンプ場へ向かった。

恐ろしい体験をしたのは、その途中。
東京を抜けてそろそろ山梨へ入るあたりの国道で、
道の上に何か黒いものが落ちているのが目に入った。
運転をしていた俺は猫だと思って避ける準備をしていたんだけど、
近づいて見ると、それは人間の頭。
中年(?)くらいのおっさんの頭が道にコロンと転がっていて、
しかも目と口が開いていた。
俺は「あっ、頭、頭!!」って指を差して必死に叫んだんだけど、
同乗していた他の3人は、
「え、なに?」「どこだよ」「ねぇよ、そんなもん」って感じで、
まったく見えていな様子。
クルマを止めて確認しようかとも思ったけど、
なんかすごくヤバイ気がして、
アクセル踏んでとにかくそこから逃げることにした。


196 本当にあった怖い名無し 2010/07/17(土) 22:14:05 ID:lYKEHqVX0

それだけで終われば、俺の見間違いだったかな、という話になるんだけど、
それから10分くらいして、後ろを走ってたもう一台の
クルマの奴らから電話がかかってきた。
俺は運転していたから別の奴が電話に出たんだけど、
「A(後ろのクルマを運転していた奴)が、
道に頭が落ちてたっていうんだけど、お前ら見た?」という内容だった。

まぁ、そんな感じで特にオチがなくて申し訳ないんだけど、
実際に落ちていた頭を見た俺とAは、
キャンプ中もテンションがた落ちだったよ。

ちなみに、この友人たちとは、富士の樹海に探索に行って、
首つり死体を発見するという体験もしたけど、それはまた別の機会に。


202 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/17(土) 23:04:36 ID:0EwjYNbG0
>きさんらもくぐつざくぎんやけんね、のろいでしね

お前らも口先だけか、呪いで死ね

こういう意味だろ。






関連記事
2017-11-06 18:11 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR