リンク

228 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/18(日) 13:45:28 ID:CVPTEIOu0
何年も2chやってるやつならぜったいわかるはず。
ブラクラリンクはる奴って1スレに一人くらいいるよな。
最初のうちは俺もおえええとかなってた。
そのうち気分は害されても、吐くほどまでいかなくなった。

ある時、海外のブラクラ糞スナッフサイト踏まされてな。
動画ごとに撮影されるまでのエピソードがあったんだ。
動画には興味ないが、どんな怖いエピソードがあるんだと興味惹かれて読んじまった。
ラスト(一番最初の掲載動画のエピ)を読みおえて。
そのサイトが紹介してる純エロ系っぽいバナーをいくつかクリック。
そしたらそこのSamplePhotoでいやなことに気付いてしまった。
最近の更新にはアジア系ばかりならんでるんだが。
B国系の黄色がかった銀の髪と青い目に白い肌っつう特徴的な母娘がOldLinkの中にあったんだ。
スナッフサイトで、その母娘と良く似た娘のサムネ見た気がする。
やめときゃいいのに、スナッフサイトに戻ってエピソードを再確認。

「母と妹と父親の元から消えた」
「B国が盗んだ資料のライセンス料を支払わなかったため
 みせしめとして、盗みの実行犯の遠い親戚である
 この娘がレイプ動画を撮影され、最後には殺された
 これはそのときの動画である」
「その後も母と妹を解放していない
 彼女らの生存状態は広大なインターネットを通じて
 返還を待つ父親の元に今もおくりつづけられている
 見たいやつは右側のリンクをクリック」

229 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/18(日) 13:46:46 ID:CVPTEIOu0
…良く出来たモキュメンタリーだよな。そうに違いないと言い聞かせつつ。
エロサイトの方のその母娘のサンプルが大量にあったのでみてみた。
…色んな場所でとってんだよ。
はじまりは毎回これみよがしに窓を写す。
その外にはネオンがうつってるんだけどな。
アラビア文字だったり、漢数字が見えたり、カタカナが見えたりするんだ。
毎回毎回よくぞまあ色んな国で、撮影費用どうまかなってんだと思ったね。

『いくらなんでも作為的すぎるだろ。
 まるで本当に奥さんと娘は今どこにいますって伝えようとしてるみたいじゃないか。
 これを撮った監督は相当イカれてるが。ある種の才能なんだろうな』
こう考えることにして、恐怖と不安が混じってるのを押し殺した。

それから半年位はこのサイトに関わる事はなかった。

この頃の俺は情報工学系の学生だったんだな。
前期後の夏休み中にネットワークセキュリティの特講を受けたんだ。
そのとき一緒にグループを組んでたやつらとLinuxでApacheサーバーを設置してた時
違法サイトの話がでてな。
みんなが登録すると名簿屋行きになる懸賞サイトとかをあげたりしてるから。
俺もこのサイトの話をしてたんだ。
Zって男がやたらとこのサイトに興味を示したんで
数日2chブラウザのログと格闘してサイトを見つけて教えてやった。

230 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/18(日) 13:49:31 ID:CVPTEIOu0
それから一週間もたたずに、Zが急に、講義中に体調不良を訴えるようになった。
サーバーのメンテ作業中にも席を外す。心配して何度か聞いたんだけど「大丈夫」としかいわない。
どうみても大丈夫じゃねえだろと思いつつも、あのサイトが原因ってわけじゃないよなと思うようにしてた。
ある日、教習棟の裏手でゲロはいてるところみつけて。
病院いったかとか色々ときいてたら、急にZが怒り出してな。
「おまえがあんなサイト教えるからだ」って怒鳴られた。
ぞくっとしたよ。
「モキュメンタリー本気にしたのか」って笑ってみたんだが。
「おまえ、ちゃんと動画みてたのか」って逆に聞かれる。
「エロい方のサンプルはみた」って答えた。
「そっちじゃないほうのサンプルは?」
「みるわけないだろ」
「俺はみたよ。レイプがおわったところでいきなりメスがでてきた。
 編集で継いだ形跡もなしにはじまっ…おぶぇええ」
「おごっ おぇええええ」
俺もぶりかえしてきて吐いた。

231 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/18(日) 13:50:27 ID:CVPTEIOu0
「本物なんだよ。あれも、多分あのストーリーも」
「…そんなわけ」
「あのサイトのサーバーはB国にあるんだ。
 被害者はどうみたってB国人だろ。
 そんな悪趣味なサイト摘発されるだろ
 でもフィルターすらかかってないんだぞ?」
「いや、でも…」
「支払ってみたんだ」
「………」
「ベッドに押し倒されるところから、いれかわりたちかわり犯されて
 メスが出てきて解体がはじまって、ばらばらにされるまでな
 一度もカットさr おぐぇええええええおごっぼぇえええ」
「だい がぼっ じょ… げっろぉおお
 ごめ… うぶっ ごめんな」
「動画の…最後に うっ
 サイトに投稿できなくなったときは
 新しいサイトに二人分のスナッフ動画を…
 げぶぉっおげぉお」
Zも俺も他の学生に助けてもらって。
二人して医務室に運ばれた。
二人とも精神的なダメージから立ち直るのにかなり時間がかかった。

232 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/18(日) 13:52:54 ID:CVPTEIOu0
その後、A国とB国の関係が、少しだけよくなった。
社会人になった俺が同窓会にでたときにZから教えてもらった。
「あのサイト群まるごとなくなったよ。
 A国とB国が共同声明を発表する少し前だ」
「……国の利益の為には、個人の尊厳なんてない。
 ましてスパイの人権なんて、その親族も含めて……ないんだろうな」
「そりゃあそうだろう。
 人間よりも金の方が価値があるんだ。
 それを生み出す技術の奪い合いだもんな」
「………二人だけでも、父親の元に帰れてるといいな」
「ほんとに、そうおもうよ」





関連記事
2017-11-07 12:12 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR