ヤカンの悲鳴

246 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/18(日) 19:59:19 ID:7q59eF380
まだニッテレが特ホウ王国をやってた頃。
お湯を沸かすと怪鳥音で鳴くヤカンのテープが投稿された。
だいぶクッキリした音で、「キュウゥゥゥウウゥッ!!」て聴こえた。

良い出来だったので、同封されてた封書にも目を通すことになった。
テープに添えてある便箋の他に、手紙がついてるのは印象的だった。
お手紙はプロジェクターに映すんだけど、部屋の空気が澱んだよ。
澱んだ、というのは気体じゃなくて人心なんだけどな。

そのヤカン、投稿者の姑の生前は虐待のシンボルに使ってたとのこと。
ヤカンで熱系の攻撃や『寝耳に水』等をするわけでなく、
部屋のドアノブ(外側から鍵がかかるタイプ)に引っ掛けて
「ただいま姑を蹴ってる最中。入るな、気にするな」の合図。
投稿者の家で「ヤカンかけといて」は、2通りの意味を持つ。
フタを外してドアノブに引っ掛けるか、普通にコンロで湯を作る。

247 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/18(日) 20:01:48 ID:7q59eF380
姑さんの生前は、ヤカンに「シルバーケットル」と印字されたシールが
残っていたとのこと。それで、語呂が良いため導入。
ちなみに「シルバーケットル」は「銀のヤカン」の意味で、
たいがいのメーカー品にそう印字されたシールは貼ってある。

そして、気がつけばヤカンが珍しい音を出すようになっていたと。
また、結局こんなのが最後の思い出の品になってしまったみたいなこと。

テープと書類は、「いつか社会的制裁をするのに役立つ」から
部署で保管していくことになった。
しかし最近聞いた噂では、10年ぐらい前に処分されてたらしい。
ヤカンの鳴き声じゃ虐待の証拠物件にならないしテープは劣化するから、
電子ファイル化を委託した業者にテープも処分してもらったとのこと。

そして聞くところによると、書類なんか投稿採用を目的とした嘘とでも
言えるし今は個人情報保護の問題があるからみたいな話になって
問題の封書もシュレッダーで裁断されたらしい。
生きてる遺族の主張や権利は、尊重や畏れざるを得ないわけだな。

248 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/18(日) 20:06:24 ID:7q59eF380
それ以来、百円均一とかでシルバーケットルを見かけたら
なんともいえない気持ちになる。
買われていくヤカンたちは、どんな世界を見るんだろうか。
どんな想いが宿るんだろうか。
付喪神は、居ると思うんだ。
データ流出には厳しい業界だし制作プロなんかいつまで続くか
わからんけど、もし機会があれば Up Load してアドレスを貼るよ。





関連記事
2017-11-07 18:12 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR