隊列の足音

793 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/25(日) 00:57:35 ID:ZjP4ifRM0


もう20年ほど前になるが、警察の新採用職員だった自分(※ただし警察官ではない)
は警察学校に1か月の研修に行った

今はかなり違う感じになっていると思うが、当時の警察学校の研修は
5~6人で1部屋で完全プライバシー無し、男女が会話してはいけない、
食事は大量の上絶対残してはいけない(小食の自分にはこれが一番きつかった)、
基本的に外出禁止で家に帰れるのは日曜のみ、夜9時消灯・・・
など、平成の世にしては時代錯誤なものだった。
ちなみに研修は7月~8月だった。

当然警察学校にクーラー設備なんてものはなく、扇風機もない部屋で
寝る時も窓を開けっぱなしだった。
昼間の研修は中々ハードで、同室の同期はみな消灯時間を過ぎると
一時間程おしゃべりをしたら自然と寝入っている、という感じだったが、
自分はいわゆる「枕が代わると眠れない」タイプなので
どんなに疲れていても中々眠れなかった。

警察学校と同じ敷地内には警備隊の建物があった



797 793 sage 2010/07/25(日) 01:10:18 ID:ZjP4ifRM0
かなり過去のことなので、研修に入ってから何日目くらいだったか忘れたが
暑い夜に窓を開けっぱなしにして寝ていた時。
同室の皆は既に寝入っていたようで、私だけが寝よう寝よう悶々としていた
とき。

急に窓の外から、多数の隊列を組んで走る足音がした。
それもかなり重い足音で、何か掛け声も聞こえる。
私はその時、「あー、警備隊の人たちが走ってるんだな」と思った。
私の脳内に、警備隊の制服を着こみ、ヘルメットを被って、ついでに盾を
持ちながら警察学校と警備隊の敷地外周を走る警備隊員の一群が浮かんだ。
なぜ重装備を想像したかと言うと、それくらい足音が重かったからだ。

私たち研修生は、研修中毎朝ラジオ体操の前に敷地内を一周ジョギングさせられた(強制)
ジャージの軽装で、それでも吐きそうになりながら走っていた私たち。
そのジョギングコースを、今は警備隊員の方々が重装備で走っているんだなぁ・・
と私は思っていた。

801 797 sage 2010/07/25(日) 01:21:43 ID:ZjP4ifRM0
ちなみに外周は約一km。
それを警察官でもない自分たちに研修初日の朝っぱらから完走を強制って・・・
当時の警察はどっかおかしかった。
まぁ当時の警察のおかしさを挙げていったら完全スレ違いの話になるので
止める。

窓の外の「ザッザッザッザッザッ」という一糸乱れぬ隊列の足音を聴きながら、
自分はいつの間にか寝てしまっていた。

翌朝、起きて同室の皆に「夜中に警備隊員の人たちが走ってたよね」と聞くと
皆「?」
そっか皆寝てたもんね、と納得していたら、一人が
「そんな夜中に訓練で走ってたの?」

あっと思った。
私が足音を聞いたのは多分夜中の12時前後の頃だったと思う。
そんな時間に訓練・・・・・・???

結局真相を確かめる事もなく(警備隊の人たちとは接点がなかったし、同期で
その足音を聞いていたひともいなかった)うやむやになってしまった。
ちなみに敷地内には、県警ができてからそれまで殉職した警察官達の
でっかい慰霊碑があった。

804 801 sage 2010/07/25(日) 01:28:23 ID:ZjP4ifRM0
実際、真夜中に隊列組んで走るとか・・・そういう訓練があるんですかね???
あるならあるで良いのですが・・・

それよりも、自分としては
研修中に講師(警察官)の時代錯誤な話にムッとして
研修の最後に提出するレポートに講師批判をはっきり書いたら
研修から復帰した職場の課長に
「君はずいぶん優秀だったと報告が来ているよ」
とニコニコ顔で言われた時の方が余程オカルトでしたけど・・・


終わり




関連記事
2017-11-11 12:09 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR