他人の傘

ある大学でずっと前に起きた話。

A君は大学の野球部のレギュラー投手でした。
体格は良く、身長は180cmを超える大柄な青年です。

テストの時期が迫ったある日、A君は大学の図書館で勉強していました。
静かな図書館で勉強がはかどったため、気がついた時には夜になっていました。

閉館時間までには余裕があったものの、勉強の続きは自宅ですることにしてA君は図書館を出ようとしました。
外に出ようとすると激しい雨が降っていました。夕方から雨が降ることは天気予報で知っていましたが予定ではもっと早い時間に切り上げるはずだったのでA君は傘を持っていませんでした。

図書館の玄関には、利用者の傘が置いてありました。
テスト前なので人が多く、傘もたくさんあります。
(一本くらいなら…)A君は軽い気持ちで傘に手を伸ばしました。

最も多いのは安いビニール傘でしたが、体の大きいA君には小さく、激しい雨ではほとんど役に立ちません。
そんな中でA君は比較的大きめのややくたびれた傘を選びました。

傘を取り開こうとした時、A君は柄の部分に何かベタベタした物が付いていることに気がつきました。
しかし、傘を選びなおすと自分が傘を盗ろうとしているのがバレるので仕方なくその傘をさすことにしました。

傘を開いたその瞬間パァン!!という音が玄関に響き渡り、続いてA君の悲鳴が上がりました。
職員が駆けつけると、あたりには花火のようなにおいと煙が立ち込めておりA君の右手が炎に包まれていました。

A君の手の炎はすぐに消され、病院に運び込まれましたが酷い火傷を負っていました。

警察および消防署の調べでは、A君が開いた傘の柄の中には花火から取り出したと思われる火薬が詰められており、外側にはキャンプなどで使う携帯用の燃料が塗られていたとのことです。
ワンタッチ式のボタンの部分に発火装置が仕込んであり傘を開こうとすると火薬に火がつく仕掛けになっていました。

さらに運の悪いことに、A君は化繊の服を着ており繊維が熱で溶けて腕まで酷い火傷が及んでいました。

事件当日の図書館は、テスト勉強の学生で人の出入りが激しかったこと犯人が傘に自分の痕跡をほとんど残さなかったこと特定の人間を狙った犯行ではなかったことなどから、警察は犯人を特定することができませんでした。
A君はその後退院しましたが、利き手の握力が回復せず野球は断念したそうです。


あなたも軽い気持ちで他人の傘を取ろうとしていませんか?
関連記事
2017-03-17 08:12 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR