運営していたサイト

五年以上前に閉鎖しましたが、かつて僕が鬱病の総合サイトを運営してたときの話です。

開設当初は、僕が常連だった他の鬱病サイトで知り合った人達が、ゲストで訪れる程度で人数も少なく内輪でこじんまりやっている程度のサイトでした。
それが二年経ち、三年経ちと年月が経過すると、知り合いの知り合いとか、リンク先の常連なども集まるようになり、チャットや掲示板も複数確保して、次第に大所帯になってきました。
そうなると、今度はサイトに付きもののトラブルも時々起きるようになりましたが、そういう時には力不足の僕に代わりトゲの立たない問いかけなどを駆使して丸く収めてくれる、古くからの常連でかなりの人格者の方々がいらっしゃいました。

僕自身、人見知りが激しく、若干無気力気味な所があるので、オフとかもやったことがないのですが、「こんな優しい方々が身近にいれば、さぞ心が安まるだろうなあ」といつも思っていました。

そんなある日から、何が発端か未だによくわからないのですが、僕のサイトで猛烈な荒しなどの悪戯が増えました。
自動でやっている事もあるらしく、無意味な長文が延々と貼り付けられたり、鬱病の方同士で何か会話しようとすると「お前のような社会的弱者は生きている資格ゼロ」とか「クズだから鬱病なんかなるんだ自殺しろ」等々見るに耐えないような罵倒を繰り返すような人が張り付き、とても荒んだ状態になっていました。
過去の内容を見るに、どうやら二人の人が何か仲違いして罵倒合戦が起き、それが色々と波及しているようでした。

対策を取ろうにも、その人達はネットの高度な専門知識が豊富らしく、ハッカーがどうとかあまり聞き慣れない専門用語を並べて脅迫めいた事までする始末で、正直、僕のような素人には全く太刀打ちできそうもありませんでした。

それを見かね、古くからの常連の人は
「ああいう方は放っておけば過ぎ去りますよ」
「構って欲しいだけなんだから相手にしないのが一番!」
とメールしてきて僕を励まし続けていました。

ある時、サイトの設定に少し手を加えると、書き込んだ人のIPアドレスや、使ったパソコンの環境が判るようになると知り、四苦八苦して設定を変えて様子を見る事にしました。
すると、特定のIPアドレスの二人が延々と荒らしを行っているのがほぼ確認でき、「本当にしょうがない人達だなあ…」と思いながら更にIPアドレスをログで見て行くと、人格者の常連二人と全く同じでした。
なにかの拍子に途中でアドレスが変わると、その直後の荒らしもアドレスが同じ物に変わっていたりして、明らかに同一人物だと思います。

物は試しと思い、別人を装って
「もしかしてあなた××さん?IP同じなんだけど…」と書き込んだら
「うるせーよ!死ね!死ね!」と延々と連呼の書き込みがされる始末。
勇気を出して、その人格者(だった)方へ「人違いかもしれませんが…」と前置きして直接メールを出しても、普段ならすぐ返信来るのに何日経っても全く来ない事で確証を得ました。

もうサイトを運営していく気が完全に失せて、特に何も言葉を残さず、サイトは閉鎖しました。
表面上はあんな人格者を演じていても、実際にはかなり荒んだ方がいらっしゃるんですね…

そのお二人、普段は鬱病に悩む新顔の方へも優しくアドバイスしたり、二人で親身になって、鬱病の回復には何がよいかを平和に論じ合ったりしていて荒らしが酷かった時期にも、普段通り私や他の方とも会話されていました。
二人とも、お互いに荒らしの相手が誰なのかすぐ気付いていたのでしょうが、それにしても…

メンタル系のサイトって、こんなケース多いのでしょうか…
関連記事
2017-03-20 12:02 : 怖い話・都市伝説 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

検索フォーム

メールフォーム

PR